対処法は水を飲むか寝ることです。

水を飲む、寝てしまう | 食べて眠くなった時の対処法。

トップ > 肝臓について > 食べると眠くなった時の対処法。水を飲む、寝てしまう。


食べて眠くなった時は水を飲む

食べると眠くなった時の対処法ですが、一番いいのは水を飲むということです。
とにかく、水を飲んで肝臓の負担を減らすのが良いですね。
食べると眠くなる時は、肝臓が疲弊しているという事は、肝臓の解毒機能や栄養を溜めておく機能が追いついていないという事です。

つまり、身体に毒になるものや、不要な栄養分が血液の中をぐるぐる回るわけです。
それは必然的に心臓にも負担が掛かる事になります。
中毒しているひとは、心臓に負担が掛かっているのですよ。

それで毒物をすこしでも薄くするために水を飲むわけです。
水を飲むと腎臓を助ける事にもなりますから老廃物をさっさとおしっこで出してしまえる事にもなります。
とにかく、身体の循環をよくする狙いがあるわけです。

水を飲むのは、お酒を飲み過ぎたときにも有効ですよ。
肝臓が解毒が追っついていない時は、身体の中が水不足になるわけです。
血液が濃くなりすぎてしまう。

食べて眠くなったら思いきって寝てしまう。

少し話がそれましたが、他の方法としては、思いきって寝てしまう。
水を飲んで一時間ぐらい寝てしまう。
食べて眠くなって困るのは、昼食の時だと思うんですが、我慢するよりは寝てしまったほうが午後から仕事に身が入る時もあるということです。

食べると、副交感神経優位になりますから、身体としては弛緩傾向になるわけです。
まあ眠くなるのは必然とも言えるわけですね。
本当は眠くなるのは少しおかしいのですけどね。

とにかく、身体が眠いと要求しているのなら寝る事ですね。
昔の人は昼寝を良くしていたんですよ。
いまでも土方や大工なんかは必ず昼寝をしますよね。

それはその方が午後の仕事に身が入るからです。
ですので、思いきって寝てみるのもいいと思いますよ。
眠くなったらしょうがない、眠くならない様にいろいろ食べ方や食べものに気をつけるのが一番ということですね。

それは今までお話しした内容を読んで頂ければよくわかると思います。
今回の締めは健康のためには、予防が大事だということで。予防に気をつけましょう。
どうもありがとうございました。



肝臓に力をつけるには、排泄力、クエン酸、タウリン、亜鉛

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional