本当の健康情報、心構え、マインドセット、心と身体の関係を知って無理なく健康になる方法などを書いていきます

肝臓に優しいお酒の飲み方

トップ > 肝臓について > 肝臓に優しいお酒の飲み方


肝臓に優しいお酒の飲み方

お酒は肝臓に悪いとか、お酒は百薬の長だとかいろいろ言われます。
問題はお酒そのものにあるのじゃなくて、飲み方の問題だという事ですね。
肝臓は身体に入った毒物を解毒する役割があります。

現代は添加物や、加工食品などを口に入れる機会が多いですよね。
それを嘆いても仕方ありませんが、それによって私たちの肝臓は常に働いている状態なんです。

じゃあお酒を飲むのは更に肝臓の負担が増えるじゃないか、と思われるかもしれませんが、少量なら肝臓の気付けとして役立つんです。

添加物などの化学物は食べると身体が冷えます。
肝臓も冷えるわけです。冷えると肝臓の働きが鈍るわけです。
そこで血行のよくなるお酒を少量飲むと、肝臓がちょっとがんばって働きだすんです。

ですので、ビールなどの身体が冷えるお酒はあまりよくないかもしれませんね。
ワインや、日本酒、蒸留酒がいいでしょうね。

気付けとして飲むから肝臓に良いわけで、その後さらに飲み過ぎると肝臓の負担はやっぱり増えますから量のコントロールには気をつけるべきでしょう。

東洋医学では肝臓の強い人は精力的だと言われています。
肝臓は実は消化を助ける働きもあります。
肝臓の強い人は元気です。

肝臓を冷やして働きを悪くする、化学物質の添加物などはあまり取らないように気をつけたいものですね。
どうもありがとうございました。


肝臓に力をつけるには、排泄力、クエン酸、タウリン、亜鉛

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional