メタボ解消のために姿勢と深層筋を鍛える

メタボを解消したかったら姿勢を支える深層筋を鍛えると良い

メタボ解消に効くのは姿勢を支える深層筋を鍛えることです。

「いろいろやっているが全くメタボ解消にならない」

「食事制限のストレスでかえって食べる量が増えた」

「筋肉を付けたらかえって体が固くなった」



メタボが解消されないのは、ただ単に間違った知識で対策をしているからです。

内臓脂肪を燃焼するのに一番大事なことは何か、知っていますか?
それは、深層筋を鍛えることなのです。

深層筋がメタボを解消する

ぜメタボ解消に深層筋が関係あるのでしょう。
まず、深層筋とは何か説明していきましょう。

深層筋

深層筋とは、体の内部深い所にある筋肉、つまり骨格により近いところにある筋肉です。

深層筋は体のより中心部分に付いているために、姿勢を保つのにとても重要な働きをしています。
姿勢の悪い人は深層筋が衰えているのです。

そして姿勢とメタボはとても関係が深いのです。
姿勢の良い人で、メタボの人は余りいません。

姿勢が悪いと内臓脂肪が付きやすい

姿勢が悪くなると内蔵が圧迫されてきて内臓の働きが悪くなります。
内蔵の働きが悪くなると内臓脂肪が付きやすくなります。
内臓の働きがよければ、少しぐらい多く食べてもそうは簡単にはメタボにはなりません。

つまり、姿勢を支えている深層筋を鍛える事は、すなわち内臓の働きを良くして、メタボを押さえることにもなるのです。

深層筋を鍛えるには、ガムシャラに筋肉を付けるということはかえって戒めなければいけません。
ガムシャラにやると、体の外側の筋肉ばかりを鍛えることになるからです。
いわゆる「固太り」です。

固太りの人は、外側の筋肉は結構付いているのに、姿勢を支える深層筋が付いていないので、結局姿勢が悪くなり、そして内臓の働きが悪くなり、メタボや、メタボ予備軍と言われることになってくるのです。


深層筋を鍛えるには

まず、気をつける事は、力を抜くことです。
力むことを辞めましょう。
そして、力まずに「すっと」真っすぐ立つように心がけましょう。

これだけでも、深層筋が鍛えられます。
力むと、外側の筋肉が固くなりますが、力むことを辞めると、嫌でも深層筋を使わざるを得なくなるのです。
普段の生活の中でもこれらのことを意識しているだけでもかなり変わってきます。

ここで重要なことを言います。

タボの人は体が固いのです。
体が柔らかくてメタボの人はいません。

体の柔軟性を得るためには深層筋を鍛えるのが一番の近道です。
外側の筋肉を鍛えることは反対に体を固くする恐れがあります。
そして覚えて頂きたいことは、

「筋肉を鍛えるということは、筋肉を固くするのではなく、筋肉を柔軟にすることだ」

ということです。

そうです、深層筋を鍛えることと柔軟性を上げることは同じことなのです。

メタボ解消には柔らかい身体が必要

今現在柔らかい筋肉だけが、次に縮むことができます。

そのように縮む、緩むという筋肉の運動が血流を促進し、また、直接内臓を刺激して活性化させ、内臓脂肪が燃焼されていきます。

つまり、メタボ解消のためには、

  1. 身体を柔軟にする
  2. そのためには深層筋を柔軟にする必要がある
  3. 柔軟になれば自然と深層筋が動くようになり深層筋が鍛えられる
  4. 姿勢が良くなる
  5. 血流が良くなり、内蔵が活性化する

という

一連の流れができてきます。

柔軟には専門の知識が必要だ

ゃあ、わかった柔軟をやろうといって自己流で開脚をしてもあまり良い効果は期待できません。

柔軟にはコツがあるのです。
そう、

文字通りコツ(骨)です。

コツをしらずに適当に力任せにぐいぐいと身体を伸ばしてみても、深層筋が伸びるような柔軟体操にはなりません。


では、次回はコツをつかんで無理なく柔軟体操をする方法についてお話ししていきます。

どうもありがとうございました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional