本当の健康情報、心構え、マインドセット、心と身体の関係を知って無理なく健康になる方法などを書いていきます

風邪や痛みを厭わない、変化を恐れないためのマインドセット

トップ > 心の問題 > 風邪や痛みを厭わない、変化を恐れないためのマインドセット


風邪を引いて熱を出すことの意味

風邪を引いて熱が出たり、身体が痛くなってくると焦って、怖くなってきますよね。
それで薬で抑えたりするわけですが、風邪や熱、痛みというものは身体からのサインです。
それら受け入れずに抑えてしまうことは本当は身体に良いことではありません。

風邪は季節の変わり目等、環境が変わった時に身体もそれに対応しようとしてひくことがあります。
熱は、必要があるから出ます。
身体は熱を出して、細菌を殺そうとします。

痛みの理由

痛みは筋肉が無理に引っ張られている場合が多いのですが、その引っ張られる理由は、身体が固くなっているのと、歪みが生じているからです。
このようにそれぞれのことには理由があります。

それが起こる理由が自分の環境や、自分の生活にあるのです。
風邪や痛みは、それに対応しようとする、あるいはそれが起こっているというサインです。
それを抑えると身体はやがてサインを発さなくなります。

するとより重い病気となって自分に返ってきます。
風邪をちょくちょく引いていた方が重い病気にかかりにくくなります。
熱を良く出す人は細菌を殺す力があるということです。

熱は体力がないと出ませんからね。
身体が歪んでいるのは、疲れが溜まっているとか暴飲暴食をしているとか、ほとんどが自分の生活が原因です。
それを見直さずに痛みを薬で抑えるとどうなるか。

やがて大きな病気となって自分に返ってくるでしょう。
すべてサインなのです。
自分にとっては迷惑なことかも知れませんが、変化が起こらないと思っている方がおかしいのです。

変化へのマインドセット

少しずつ風邪や痛み、変化を受け入れるようになりましょう。
そのためのマインドセット(心構え)が必要です。

風邪の時は熱をしっかり出して経過させることが大事です。
熱に意味があることはもう知っていますね。

身体の歪みから来る痛みがある場合は、整体師などに相談して生活を見直すアドバイスを受けると良いでしょう。
「生活を見直してくれ」という身体からのサインだと思いましょう。

変化に敏感なことは健康への第一歩です。

少しずつ小出しにしていき、大きな病気になる前に対処していくことが健康を保つ否決です。
どうですか?少しは変化を受け入れてみようかと思いましたか。
今まで考えたこともないことを言われても、なかなか受け入れがたいかもしれませんね。

では他にも例を出して話していきたいと思います。
どうもありがとうございました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional