栄養剤やビタミンより大切なもの、それがバランス調和です。

夏に暑くて汗をかくのが億劫な人は、冷えに気をつける

トップ > 冷えは大敵 > 夏に暑くて汗をかくのが億劫な人は、冷えに気をつける


夏に汗をかくのが億劫な人は、冷えに気をつけましょう

冷えというと寒い時だと思いますが、現代は、夏も同じぐらい冷えやすいです。
冬は、寒いので言われなくても身体を温めますが、夏には冷やすからです。
一番冷えやすいのは、汗を冷やしたときなのです。

昔から、「汗をかいたらよく拭きとるように」と言われます。
なぜなら、汗を書いている途中に風で冷やすと、冷えが身体の中に入ってしまうからです。


汗を冷やして「冷え」が身体の中に入ると、筋肉が強ばり身体が強ばってきます。
身体が強ばってくるので、暑さを感じます。
そんな時は、汗をかけば暑さは抜けていきます。
汗をかききった後で、しっかり汗を拭けば「冷え」も抜けていきます。

でも、身体が強ばって暑い時に、冷房を入れると最悪です。
「冷え」はさらに身体の奥に入ってしまいます。

それでも、下痢をしたり、汗をたくさんかけば大丈夫ですが、汗をかくのが億劫で、太っていて、下痢もあまりしない人は、身体の奥深くに冷えが残っていると考えてください。

冷えているところは、感覚が鈍いのです。
感覚が鈍いから、動かしにくいので、脂肪も付きやすくなります。

冷えているときの見分け方

冷えている人の特徴は、表情に乏しく、面倒くさがり屋なところです。
足を触ると、ゴワゴワで固いです。
足の指の間が固く、指が動きにくいです。

どうすればよいか?

冷えている人で気づいていない人は、ほぼ間違い無く湯船につかる習慣のない人です。
湯船につかりましょう。

また、夏に汗をかくのは良いことだと思ってください。
冷えている人は、身体の奥深くに水が溜まっているものです。
汗を出して、古い水を循環させましょう。

身体も自然の一部なので、循環させるのが良いのです。
水を飲んだら、汗をかきましょう。
汗をかいたら、水を飲みましょう。

どうもありがとうございました。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional